遺伝子検査

TRC原理

 TRCの原理

TRC法について、遺伝子(RNA)増幅および検出方法についてご説明します。

遺伝子増幅→検出のスキームTRC原理改訂.jpg

① 標的RNAの5'側にDNAオリゴマーである切断用プローブが結合します。

② AMV逆転写酵素のRNaseH活性で標的RNAの切断用プローブが結合した部分を分解します。

③ アンチセンスプライマーが結合します。

④ AMV逆転写酵素のRNA依存性DNAポリメレース活性によりcDNAを合成します。
その後、RNAとcDNAの2本鎖はRNaseH活性によりRNA部分が分解します。

⑤ T7 RNAポリメレースのプロモーター配列を持ったプロモータープライマーが結合します。

⑥ AMV逆転写酵素のDNA依存性DNAポリメレース活性により2本鎖DNAを合成します。

⑦ T7 RNAポリメレースがプロモーター領域を認識し、転写反応によってRNAを増幅します。

⑧ 増幅したRNAは最初に切断したRNAと同じ配列なので、再び同じ増幅系に入りRNAが蓄積していきます。

⑨ 増幅したRNAは検出系に入り、検出用プローブと結合します。

⑩ 標的核酸と相補的な結合を形成したもののみが蛍光増感し、これを検出します。